ハイエースカスタムを人よりよく魅せる方法

ウーマン

痛車の作り方

自家用車

痛車はアニメキャラの大きなステッカーを車に貼り、自己アピールのツールになっています。最近では、そうした人たちの交流は増えてきています。ご自分の好きなアニメをみんなに知ってもらうためのきっかけになることでしょう。

Read More

個性派ハイエースを作ろう

綺麗な自動車

ハイエースカスタムの改造として多く見られるのは、ローダウンをしてホイール交換しているライトチューンです。ライトチューンであれば、あまりお金をかけずにキレイに魅せることができます。ライトチューンであげられる交換パーツは、サスペンション・マフラー・ホイールです。とはいえ、サスペンションやマフラーに比べ新品のホイールは、それだけでも数十万するものがほとんどです。また、そのホイールのインチ数はJ数によっても値段も分かれます。ホイールの好みによっても、その個性が顕著にあらわれます。ホイールの構造は3種類あり、1ピース・2ピース・3ピースで構成されているものに分かれます。1ピースはリム部分とディスク部分が一体になっています。一体構造である分強度が一番あります。2ピースはリムとディスクがそれぞれ分かれていて、購入時にデザインの自由度が幅広いです。3ピースはディスクとリムが表と裏で構成されています。2ピースや3ピースのようにディスクとリムが分かれているものがより個性を活かすことができるでしょう。また、ハイエースカスタムのようなフェンダーアーチのサイズであれば少し大きめのホイールも履くことができます。ハイエースカスタムのサスペンションを変更している人の多くにエアサスを組む人もいるのです。エアサスによっては車体が地面に着地するものもあり、車体が下に下がる分、ホイールハウスの加工などが必要になることもあります。インチ数を大きくするには欠かせない加工とも言えるでしょう。ハイエースカスタムをより良く魅せるためにも自分好みの個性を活かしたホイール選びをしましょう。